体の管理から根本的な育毛をする

脱毛や薄毛の原因は、遺伝、病気、ホルモン以外にも睡眠不足なども大きな原因となっていることがあります。
睡眠不足の場合、睡眠不足が続くと内臓に障害が出たり、血液の状態が悪くなったりします。 成長に必要な栄養を供給されている髪も同じです。体の健康状態が髪にも表れてきます。 毎日必要十分な睡眠を確保することが髪への対策につながるでしょう。
運動不足で全身の機能を低下してしまっている場合もあります。 血行に関わりの深い心肺機能か弱くなると、新陳代謝が活発に行なわれずやがて髪にも悪影響が出てきますので、 毎日少しでも運動することが髪への対処につながるでしょう。
喫煙をしている場合はタバコに含まれているニコチンの血管収縮作用により血液の血行を妨げられます。 毛細血管が収縮するので血液の流れはどんどん悪くなっていきます。 また、毛母細胞に栄養が補給されにくくなり、毛乳頭がスムーズに栄養を吸収することができなくなり髪が育たなくなります。 禁煙をする努力が必要になりますね。
ストレスが長期に蓄積したり、強度のストレスにさらされてしまうと血行不良、不眠症、内臓の不調など、 体にさまざまな異常を引き起こします。もちろん髪にも大きな影響が出てきますので、 たまにおいしいものを食べる、散歩、音楽鑑賞、運動、適度な睡眠、その他いろいろなストレス解消法を身につけるべきですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です