バストアップの手術はシリコンを体内に入れるプロテーゼ法

バストアップの手術には、シリコンを体内に入れるプロテーゼ法をはじめ、余分な脂肪をバストに注入する脂肪注入法、ヒアルロン酸を注入して形や大きさを整えるヒアルロン酸注入法などがあります。一般的に、プロテーゼ法にて、バストアップ手術を行うことが多いです。プロテーゼ法では、バストの大きさを自由に調節しやすいことから、人気を集めています。ただ、プロテーゼ法で使用するシリコン製のバックは生理食塩水で、10年程で寿命が切れてしまうため、大きなバストを保つためには再手術が必要なのがデメリットと言えるでしょう。豊胸手術と聞くと、怖いとか不安とか大変だとか、マイナスのイメージを持ちがちかもしれません。でも、最近では、日帰りOKで手軽に受けられるプチ豊胸手術が、若い女性を中心に人気です。プチ豊胸手術と呼ばれているバストアップ手術は、バストに特別な光を当てて脂肪細胞を活性化させる方法やヒアルロン酸を注入する方法が多いです。メスを使わないため、自分の体を傷つけることなく行える施術であり、料金設定も低くなっているので、多くの雑誌やTV番組でも紹介されています。バストアップの手術は、ほぼ確実にバストアップできますが、信頼できるクリニックを選ぶことが何よりも重要です。後遺症についてもよく調べて、慎重に判断することをおすすめします。男性が女性のバストを好む理由は、子孫繁栄を基本とする動物の本能です。女性のバストが最もベストな状態になるのは、10代後半から20代前半であり、この時期にはバストから特別な匂いが分泌されて、男性の本能をくすぐり、刺激するといわれています。また、多くの男性は、大きなバストを好むといわれていますが、弾力が失われ、垂れ下がった状態の大きなバストは好まれないことがほとんどでしょう。バストは大きさだけでなく、張りがあることが大切なのです。一般的に、張りのあるキレイなバストを持つ女性は、妊娠や出産を経験していません。逆に、授乳経験のある女性のバストは、弾力のない垂れたバストであることが多いはずです。男性は本能的に子孫を残すことができるか、妊娠することができるかを判断するため、張りのある大きなバストに魅力を感じます。近年では、過剰なほどのダイエットブームが巻き起こっており、少しでも体についた脂肪を減らしたくて、ダイエットに励む女性が多く見受けられます。その反面、バストの脂肪だけは落としたくないと努力している方も少なくありません。これは、男性が大きなバストを好む傾向が強いことの証明ともいえるでしょう。しかしながら、男性が小さなバストよりも大きなバストを好む理由が本能によるものだという説には、学術的な根拠がないともいわれています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です