α-グルコシダーゼ阻害薬糖尿病

糖の分解やブドウ糖の吸収を遅らせることで急激な血糖値の上昇を抑えるα-グルコシダーゼ阻害薬糖尿病の改善に運動療法は効くのでしょうか?糖尿病とは、血液の中の血糖値が高い状態が続いてしまう病気です。そして、その原因は、血液中の糖分を分解するインスリンの働きが弱まったりして、糖分を分解しきれないことにあります。インスリンの働きが弱まる原因とされているのが、悪い生活習慣だと言われています。主に食事生活が原因のケースが多いのですが、糖尿病になる人の多くは、必要以上のカロリーを摂取してしまう傾向にあり、また、摂取したカロリーを完全に消費しない傾向にあります。このため、インスリンを分泌する膵臓の働きが低下して、インスリンの分泌量が減ったり、インスリンの機能が低下してしまったりするのです。これに対して、運動で筋肉を動かすと、筋力が次第につき、基礎代謝が高まります。基礎代謝が高まると。自然とカロリー消費量が多くなりますから、脂肪燃焼効果も高まります。つまり、ダイエット効果があるということですね。体重が減ると、インスリンの機能が向上することが知られています。それに、運動自体がインスリンの機能を高めるともいわれているのです。ですから、糖尿病の改善には、食事療法と共に運動療法が大変重要視されており、運動療法が勧められているのです。では、どんな運動をすればよいのでしょう?それは、有酸素運動です。具体的には、ウォーキングやジョギング、サイクリング、スイミングなどで、一回に20分以上続けることで効果が得られます。昨今では、子どもでもみられるという糖尿病は、進行すると様々な生命にかかわる合併症を引き起こす怖い病気です。ですから、糖尿病はできる限り未然に防ぐ必要があります。そのためには、糖尿病の原因を知り、その要因を取り除くことが重要となってきます。糖尿病とは、血液中を流れるブドウ糖の量が多い状態、つまり、血糖値が高い状態が常時続いている状態です。一般的な血糖値は、食後一気に上昇し、その後は糖分が分解されてエネルギーに代謝されるため、徐々に血糖値が下がるのが普通ですが、糖尿病の場合には血糖値が高い状態が継続します。その原因は、ブドウ糖を体内で分解するインスリンにあるのです。インスリンが元々ほとんど分解されない体質であったり、病気など何らかの事情によりインスリンの分泌量が低下していたり、インスリンが分泌されてもインスリンの機能が低下していて正常に糖分を分解しきれなかったりといった理由で、体内に吸収した食物のブドウ糖を分解しきれず、血液中に糖分が余ってしまう状態になります。糖尿病にも遺伝的要因が大きく絡んでおり、糖尿病になりやすい体質の方がいるのも事実です。ですが、遺伝的要素だけで糖尿病になる方はほとんどおらず、後天的要因によって糖尿病を発症する方が糖尿病患者の大半を占めています。暴飲暴食によって糖分を分解しきれなかったり、運動不足やストレスで肥満になったりといった生活習慣が大きく関わっている病気なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です